『忘らるる 身をば思はず 誓ひてし 人の命の 惜しくもあるかな』意味

歌番号:038 歌の作者:右近 歌の原文・読み 【原文】 忘らるる 身をば思はず 誓ひてし 人の命の 惜しくもあるかな 【読み】 わすらるる みをばおもわず ちかいてし ひとのいのちの おしくもあるかな 歌の意味・現代語訳 あなたから忘れられたとしてもわたしの辛さは気にしない。 それよりも、愛を誓った事を忘れてしまっ…