かるたちゃんねる『百人一首・意味・覚え方』

百人一首の各歌の意味、覚え方をまとめています。競技かるたに興味がある人必見。

スポンサードリンク

『さびしさに 宿を立ち出でて ながむれば いづくも同じ 秋の夕暮』意味

歌番号:070

 

歌の作者: 良暹法師

 

歌の原文・読み

【原文】

さびしさに 宿を立ち出でて ながむれば いづくも同じ 秋の夕暮

【読み】

さびしさに やどをたちいでて ながむれば いずこもおなじ あきのゆうぐれ

 

歌の意味・現代語訳

あまりの寂しさに身を置く庵を出てあたりを見回してみたが、

この秋の夕暮れの景色はどこも同じだった。

スポンサードリンク